赤ちゃんのいるご家庭に合うウォーターサーバー

純水か100mg/l以下の軟水を選ぶ

ウォーターサーバーは中身から選ぶ必要があります。赤ちゃんがいる家庭ではウォーターサーバーから赤ちゃんのミルクを作ることが多いです。そのため、赤ちゃんに負担がかかりにくい水を選ぶことが重要になります。赤ちゃんに硬水を飲ませてしまうと、消化器官が未発達のため身体に負担がかかってしまうこともあります。硬水は大人が飲むのに支障はないですが、赤ちゃんには合わないのです。また、硬水にはミネラルが含まれていることがあります。赤ちゃんが飲むミルクにはミネラルが含まれています。その上で、水にもミネラルが多く含まれていると過剰に摂取することになるでしょう。赤ちゃんがいる家庭では硬度を確認してからウォーターサーバーを選びましょう。

70度前後に温度の調整が可能かを確認する

赤ちゃんに粉ミルクを与えるときに面倒なのが温度の調整です。沸騰したお湯を使うと温度調整に手間取ります。ただ、温いお湯だと殺菌に不安が残ります。そこでウォーターサーバーを選ぶときには70度前後の温度に調整できるものを選ぶ必要があるのです。70度まで温度が上がれば、殺菌不足になることは少ないです。さらに、お湯が70度程度であれば、調整するのが簡単になります。70度のお湯で粉ミルクを溶かして、少し水を加えると赤ちゃんが飲みやすい温度になるでしょう。 また、70度前後だと粉ミルクの栄養成分を壊す恐れがありません。あまりに高い温度のお湯を使ってしまうと、栄養素を壊す結果になります。ちょうどいい温度のお湯にできるウォーターサーバーを使うとミルクを飲ませるのが楽になるでしょう。

ウォーターサーバーの価格は、月額のレンタル料を無料にする企業もあります。また、水の購入費以外のコストには、水の送料やサーバーを動かすための電気代も発生します。