ウォーターサーバーのデメリット

サーバーのためのスペースが必要

ウォーターサーバーを使う上でのデメリットと言えば、サーバーを置くためのスペースが必要になるといった点ではないでしょうか。サーバーの大きさは、契約する会社によって多少の違いはありますが、小型で殆ど場所をとらないといったタイプのものはありません。また、重量もあるので、一度設置してしまうと、中々動かすことが出来ないところも難点と言えます。キッチンに置きたかったけれど場所がないので、リビングに設置したというように、スペースの確保が障害となり、本来、使いたい場所に設置出来ないといったことも少なくないので注意が必要です。サーバーが届いてから、設置場所に困ることがないよう、サーバーの大きさは事前によく確認しておくことが大切です。

水の交換作業をしなくてはいけない

ウォーターサーバーを利用する際に避けて通れないのが、水の交換です。ウォーターサーバーは設置しただけでは使えません。サーバーに水をセットして、はじめて水の利用が可能になります。セットした水がなくなれば水は出ませんので、都度、新しいものに交換する必要がありますが、これらの作業は自動で行われることはなく、利用者自身が行う作業となります。何もせずに美味しい水を飲み続けるといったことは出来ないので、注意しましょう。

尚、交換作業を頻繁に行いたくない場合には、サーバーにセットする水の容量が大きなものを選ぶことも1つの手です。しかし、水の容量が大きくなると、その分、重くなるので、交換作業が大変になることも少なくありません。使用量なども考え、交換作業が負担にならないように、サーバー選びをすることが大切です。

ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルクに使うとお湯の温度を測らなくて簡単に作ることができます。少し熱いときは、すぐに水を入れることができます。